もう9月ですが、個人的には今月もイベント盛りだくさんだなぁと思える週末でした。

週末参加した岩内町のイベントを記録しておきたいと思います。

木田金次郎美術館の有島再会バスツアーでニセコ町有島記念館へ

私は今年初参加ですが、木田金次郎美術館のバスツアーは毎年内容を変えて行われているイベントのようですね。

今年は木田金次郎が有島武郎と再開したルートをバスでたどって、有島記念館を見学してきました。

15分くらい前に集合したのですが、既に私以外の参加希望の皆さんお待ちのようでした。20人弱くらいはいらっしゃったでしょうか。

移住者だと人とのつながりをつくっていくのは大変ですが、このように同じ趣味や同じ関心を持つ人たちと集まる機会があると、話しやすい環境がうまれるので移住者にとってもありがたいです。

ニセコ駅

有島記念館に行く前にニセコの駅を見学!

ニセコ駅に展示されている機関車
機関車内
ニセコ町鉄道遺産の旧新得機関区転車台

解説を聞いているとこの転車台は旧新得機関区で使われていたもので、機関車もこの場所を走っていたわけではないようですが、いろいろな歴史があるものですね。

そういえば岩内のバスターミナル付近には岩内で使われていた転車台の跡地がありますよね。

有島記念館と有島記念公園

有島記念館では有島武郎についての解説VTRを見た後に館内の展示の解説をしてただきました。

岩内町出身の藤倉英幸さんの企画展も行われていましたよ。

ニセコ町までのバスの往復の道中にも資料の配付と当時の様子の解説をして頂きましたし、有島記念館の団体入館料400円だけで充実した楽しい時間を過ごすことができました(^^)

岩内神社の観月祭で雅楽を体験!厳かな気持ちに・・・

岩内神社例大祭の時に興味を持った雅楽。ぜひ音色を聴いてみたくて参加してみました。

早めに到着したつもりでしたが、時間前からお客さんが多かったです。

岩内に限らずこういう機会はほとんどないので楽しみにされている方も多かったのだと思います。

受付で配付された雅楽や当日の演奏内容について書かれた説明リーフは大変勉強になりました。

観月祭は1時間弱で終了。魅力が凝縮さえた内容で、終わった後はもっと聴きたかった!という思いがわき上がるほどでした。でもそのくらいがちょうどいいのでしょうね。

周囲の人たちからも厳かな気持ちになって良い会だったーという感想が聞かれました。

軽トラック市でお買物

7月にも軽トラック市に参加しましたが、今回は味覚市なしの軽トラック市です。前回も書きましたが軽トラックを売っているのではなくて軽トラックの荷台に商品を積んで売っています。

今回は11時過ぎに行ってみたので少し落ち着いた様子になっていましたが、開始時間の10時には列ができている軽トラックもあったそうです。

商品がなくなった軽トラックは店じまいしていなくなってしまいます。

欲しい商品がある場合は早くから行くのがいいですね。

ちなみに私は梨とどらやきを買って帰りました(^^ゞ

シルバーウィーク次のイベントは岩内港で行われるグルメイベント・第3回岩内港「味覚市」!

場所:岩内郡魚協岩内地方卸売市場(北海道岩内郡岩内町字大浜92−1)
日時:2019年 9月22日(日) 10:00~14:00
駐車場:あり

スケジュール:
10:00~ 会祭式
10:30~ 焼きたてサンマと焼きたてソフトミガキを先着600名に無料提供
11:00~11:40 やん衆スコップ三味線
12:00~12:50 歌謡ショー・・・亜月まなみ さん
13:00~13:40 一般参加者による秋鮭のセリ体験

知人から、岩内といえば新鮮な魚を買って帰ったイベントがとても良かったという話を聞いたことがあるのですが、このグルメイベント、岩内港「味覚市」ですね。

個人的に貝付きホタテ焼きが500枚限定100円、さけ鍋350杯限定100円というのが気になっているのですが、これは絶対に人気で行列できますよね(笑)

私は並ぶの苦手なので行列ならあきらめるか・・・という感じです。ほかにもフードメニューはたくさんあるようなので^^;

私は参加したことはありませんが、知人が体験して満足したイベントとして記憶に残るくらいなら期待大です。

まとめ

シルバーウィークは岩内のイベント盛りだくさんです。

札幌での生活を考えると岩内町でこんなにイベントに参加するとは思っていませんでしたが、正直言って町が狭いので移動しやすく、イベントが札幌ほど大混雑になることもないので気軽に行けるという出歩きやすさはありますね。

個人的に気になっているシルバーウィーク最後の岩内のイベントは2019年9月22日(日)に岩内地方卸売市場で行われるグルメイベント、第3回岩内港味覚市です。