岩内町情報とは全く関係ありません。ただの近況報告です。

私MR資格持っていたんです。でもMR資格は5年ごとの更新が必要なので今更新のためにオンラインで補完教育を受講しています。合格する前に公表するのはリスクですが(笑)

製薬会社退職後のMR資格更新

製薬会社に所属している人であれば、社内で行っている毎月の研修で更新条件をみたすので問題ないのですが、私のように製薬会社を退職して違う仕事をしている場合は、補完教育を受けなければいけません。

といっても、どこかに研修を受けに行くわけではなくて、インターネットで受講しテストを受けて完結します。

岩内にいても更新できるんです。

MR資格更新のための補完教育

今は帰宅後にインターネット上で補完教育を受講して、そこでテストも受けています。

まだ全てのテストに合格していないので、これから不合格になってしまう可能性もある状況です。

不合格になってしまったら当然MR資格の更新はできません。
更新できずにいったん資格を失った人がもう一度1から資格を取り直すことができるのかまで調べていませんが、理屈上はできたとしても、現実問題としてもう無理でしょう。

初めてのMR資格取得の思い出

当時は29歳。初めてMR資格を取得するときは、コンビニまで歩いて30分以上かかる富士山近くの山の中での合宿研修でした。

印刷会社から転職してこれまでと全く違う環境の中、中途採用で全国から集まった50人以上の同期の仲間と一緒に2ヶ月以上合宿で研修をした当時を思い出すと、よく耐えられたなって思います。

毎日毎日朝から夕方まで講義を受けて、そのたびにテストを受けて不合格だとまた補講。寝不足の毎日。

みんなの前で披露する製品紹介プレゼンテーション試験では、緊張して声が震えましたね。
実際に現場に出たら100人以上の医師の前で製品紹介をする機会もあるんですが(笑)

合宿終了後はオホーツクエリアを担当。
毎週札幌から女満別空港に行って平日はホテル生活。1日の仕事終了後にホテルの暗い部屋の中で年末の資格試験に向けての勉強。
そして土日は毎月東京に行って研修と試験。時間が間に合わずに出張先の女満別空港から羽田空港に直行するときもありました。

そんな生活を送ってようやく取得したMR資格でした。

あ、そうそう外資系の企業だったからなのかどうなのかはわかりませんがMRになってからは何かあるたびにパーティーが開かれるんです。時には派手な演出があったり有名なゲストが来たりして。スティーブ・ジョブズやビルゲイツのプレゼンって見たことないですか?ああいうのは私には関係ない別な世界の話だと思っていたんですが、普通にあるんですよ。そういう会議やパーティーに参加するのも苦手で^^;


いまはもうありえない光景ですね。
29年生きてきた世界とは別な世界をみることができた、人生の大きな転機でした。

まとめ


思い返すとよく自分が耐えられたな、と思う経験をして取得したMR資格なので、もう必要ない資格と思っていても更新手続きをしてしまいました。

合格できるかどうかはわかりませんが。