海洋深層水って知ってますか?

私はなんとなくきれいな水で身体によさそうというイメージ程度しか思っていなかったです。

でも、そんなイメージだけではなくて、ホタテについては3日間海洋深層水に入れてみたら通常の海水に入れているよりも生存率が高かったというようなデータも出ているそうですよ!(地場産業サポートセンターは年間約1,200検体の食品検査を行っている施設なんです)

この海洋深層水ですが岩内町では一般の人でも簡単に購入できるんです。

海洋深層水を販売している岩内町地場産業サポートセンターに行ってみました。

容器を準備して海洋深層水を購入

入り口では「たら丸」がお出迎えです。

岩内町内にこんな立派な施設があったんですね。行ってみたら自宅の近くでした(笑)

業者など大口向けの販売は建物の横なんですが、一般用の小口の海洋深層水販売は入り口入ってすぐの場所にあります。

販売といっても自分で容器を用意して、その容器に入れて持って帰るというような方法です。

注意事項にも書かれていますが、深層水は加工原料で飲用ではありません。

海洋深層水販売は3種類!

販売されている深層水は、

1,原水(塩分3%強) 100円/20リットル

2,高ミネラル塩水(塩分5%程度) 100円/5リットル

3,脱塩水(塩分約0%) 100円/5リットル

の3種類でした。

機械に100円入れると水が流れ出てきました。

使い方がわからなくてもセンターの人が親切に教えてくれますので大丈夫です。

それぞれなめてみましたが確かに原水と比べてみると高ミネラル塩水はしょっぱいし、脱塩水はしょっぱくなかったです。

脱塩水は農家さんでも使っているところがあるそうです。土に塩分残ったら困りますもんね。

海洋深層水がつかわれた商品が展示されています

海洋深層水を使った商品も展示されていました。

岩内町の海洋深層水を利用した飲みものも売られていたので私は塩サイダーを購入して帰りました(笑)(後日販売はなくなり展示品のみになりました

初塩サイダー体験ですが、言われてみると塩の感じがしますねー?といった印象でしたが、さっぱりしておいしかったです。

岩内町の海洋深層水を利用した商品はこんなにあるんですね。

まとめ

岩内町では岩内町地場産業サポートセンターに行けば一般家庭でも簡単に海洋深層水を購入できます。

海洋深層水は今の私の生活ではあまり使う機会を想像できないのですが、新鮮な魚を保存したり輸送したりするときに使うと鮮度が保てて良さそうな気がしますよね。

岩内町は海洋深層深層水を使った食べ物をおいしく食べられるのもありがたいです。