都会と違って人が少ない分、ひとりひとりの関係が密になりがちなのが、良くも悪くも田舎町の特徴です。

料理をつくれない私がおすそ分け野菜をもらったらこんなことになりました。という田舎町の出来事を書きます(笑)

おすそわけ野菜を頂きました

家庭菜園で採れたにんじんを頂きました。

しかもにんじんそのまま丸々を数種類。

うれしいんですけど、うれしいのですが、私は料理ができないのです(/_;)

そのため某お店に行ってにんじんをどうすべきかを尋ねると…

某お店でにんじんの調理法を質問

某お店の店主ににんじんの調理法を尋ねました。

店主:「茹でればいいだよ。なんだって茹でれば食べられるよ!」

とのこと。

そうかそうか、茹でて塩かマヨネーズでもつけて食べるか?と「しかたない」と思って特に深くは考えませんでした。

が、

少したって店主から

店主:「そうだ!細かく切って、マギー入れて、あとはベーコンとかウインナーを入れればいいんだよ。おいしいよ!」

と。

それに対して私

私:「細かく切る?うち包丁もありません。マギーって?」

店主:「・・・」

店主の「は?」という感じで、口を半開きにして唖然としている顔が忘れられません笑

そのあとちょっと間があって、

店主「しかたないねー。切ってあげるようか。マギーはコンソメ。たくさ~、なんでも金出して外食すればいいと思ってるでしょ?そりゃ結婚できないわけだよ。シティーボーイってのはこれだからねー。」

私:「いや金出して外食すればいいとか思ってません…。毎日ラーメンとそば茹でて食べる生活です。外食は週1回、この店と「さぼーる」だけです ^^;  シティーボーイって!?私は東京の田舎町出身ですから^^;
切ってもらえるんですか?いやそこまでは…、あ、でもお願いします…。あと、コンソメはコンビニで買えますか?」

まあ、だいたいこんな感じでいつもの会話が進んで、↓結果こうなりました。

にんじんを切って頂いた後に

店主:「しかたないからコンソメ入れとくよ!まずは2つ、味が薄いと思ったらもう一個入れなよー。ベーコンとウインナーはうちの店にないからあげられないよ!」

あらびきコショウと香りのでる葉っぱ?も頂きました。

私:「ありがとうございます。何からなにまで^^;」

おすそわけ野菜を家に帰って調理

家に帰って調理といっても、全て用意していただいて温めるだけみたいなものでした^^;

紫色のにんじんの色がいっきに広がってちょっと驚きましたが、

ベーコンとウインナーも入れて、ちょっと味見をしたところコンソメ2つでは足りなくて、3つめも投入。

うん、おいしい!

完成です。

これが予想外に、信じられないほどの美味しさでした(^.^)

まとめ

札幌を離れて生活するようになってからおすそ分けを頂く機会が多いです。

どこの町でも同じだと思いますが、よく行くお店では顔を覚えられて話が広がるので食事以外にも色々な話題がありますね。

今回の一連の流れを田舎町生活だなーと感じました。

後日お店に行ったときに、さんまる餅店さんのあんかけ団子をお礼としてお渡ししたことも付け加えておきます(笑)

関連記事