札幌で生活しているときは休日に1日中自宅にこもっている日がかなりありましたが、岩内町に移住してからは1日中家の中にいるという日がほとんどなくなっています。それは世の中で問題になっているような密になる場所が少ないということも理由でしょう…。
自粛生活が長引くほど田舎町の生活の方がストレスが少ないと感じるのは私だけでしょうか。

田舎町生活のストレスは都会生活のストレスとは違うかも

写真は駅前通りと言われるバスターミナルから続く道路です。平日の日中に撮影しました。
外出自粛とはいうものの、緊急事態宣言下でなくてもこの場所にイベントもなくて100人の人が密集しているということは起きないのでは…。

生活していく以上は必要な外出も出てくると思います。
そのような外出のとき、都会生活の場合は人が多いので、「正直って全てのことに対処できるほど気をつけられないよ」という現実があるのではないでしょうか。
田舎町は普段から密な状況が少ないので都会よりも外出に気を使わないのでストレスが少なそうです。
きっと自粛が終わって田舎町のこの場所に人通りが増えたとしても、都会の通勤電車の中よりも密ではないですよね。

おうち時間のストレス解消に森林公園を歩くそれは都会ではストレス解消にならないかも…

自然の中でリラックスしたい。

そう考えて森林公園を歩いてみたとします。都会だと同じことを考える人がたくさんいて、人気のある森林公園には多くの人が訪れていることでしょう。

そうするとある程度のストレス解消になるかもしれないですが、「あ、ここもか…」というガッカリ感も大きいのではないでしょうか。

ところがこの岩内町森林公園、何度訪れても1日に10人以上の人とすれ違ったことがありません。

認知度が低いとか整備が足りないとか夏は虫が多いとか理由はあるかもしれませんが、いずれにしても、どう考えても密にはならないんです。こういう雰囲気が癒しだという人にとっては他人に邪魔されない最高の癒やしの空間になるんです。

だから田舎町で生活する人には都会生活のストレスを想像できないかもしれません。

でも今のコロナ禍の状況は、一部の都会の人にとって今までストレス発散や癒しの機会だった場所が、ただただ緊張の場となってしまっているか、行くことのできない場になってしまっているはず。それは大変なストレスになるでしょう。

田舎暮らしにも都会とは違う別なストレスがある

密にならないという面では人の少ない田舎町は快適です。

私は人が多いところが苦手なので、私にとってはこの田舎町の密度は快適です。

このように書くと田舎町はいいですね、という結論で終わってしまいますが、そうではないということも付け加えておきます。

人が多いストレスはありませんが、逆に人が少ないことで注目されて鬱陶しいというストレスはあります。

ちなみに私はそういうストレスは全く感じない人間です。町の人から私の目撃情報を聞くこともよくありますし、たまに私が言ったことがねじ曲げられて伝わっていると感じることもありますが、真実は私自身でわかっているので全然気にしていません。

でもそうではない人も多いはず。自分の目撃情報なんて聞きたくないとか、人の噂話なんて聞くのうんざりというタイプの人もいるはずなんです。

そういう人の中には人が多いストレスの方がよっぽどマシと感じる人もいるでしょう。ここではあげませんが、もちろんその他のもっと質の違うストレスも田舎町にはあると感じています。だから田舎暮らしが合わない人も確実にいると思います。

不安がある方は↓オンライン移住相談を使ってください。

移住相談

まとめ

ちょっとグダグダと思いつくままに書いてしまいました。

家にいる時間が長いからでしょうか。当たり前のことを深堀して考えてしまいます^^;

田舎暮らしと都会のストレスは違うし、田舎暮らしが合う人も都会生活が合う人もいるので移住を考えている方は自分には何があっているのかしっかり考えてみてください。