岩内町は日本で初めて自費による港建設を行っています。

明治40年(1907年)から現在の金額で約140億円ともいわれる港建設工事が始まりました。

先日、岩内町の「歴史散歩」リーフレットを読みながら「岩内で1番古い江戸時代からの道路」を歩いた時に発見できなかった「岩内漁港修築記念碑」を偶然発見することができました。

岩内漁港修築記念碑現在ある場所

歴史散歩リーフレットに記載された場所で発見できなかった「岩内漁港修築記念碑」をドライブ中に偶然発見して、思わず車を降りて写真を撮ってしまいました。

場所は岩内郡漁業協同組合の斜め向かい側辺りです。

道路を挟んで正面というわけではないので、少しわかりづらいです。

この道はどこに続くのだろう?と思って進んだところで偶然発見しました。

岩内漁港修築記念碑周辺の景色

岩内地方卸売市場も近くにあって、この周辺から見る景色もとても綺麗です。

まとめ

なくなったかと思っていた「岩内漁港修築記念碑」を全く別な場所で発見することができました。

経緯はどうであれ、当時の人たちの何らかの思いのこもったものが知らないうちになくなっていたということがなくてよかったです。

この周辺の海の眺めも綺麗なので、散歩の際にちょっと寄ってみるのもいいでしょう。

関連記事