なぜ岩内町に移住したのか?

以前の仕事でかかわった人たちから聞かれることも多いです。

言葉の裏には「別に岩内町でなくてもよかったでしょ?」という意味があります。

そう言われて自分が岩内町に移住した理由を考えてみました。

岩内町に移住した理由は自分のやりたいことを実現するため

岩内町に移住した理由の第一は当然、自分の人生でやりたいことを実現するためです。

死ぬまでにやっておきたいことはいくつかあるのですが、そのうちの1つが北海道という土地を知ってもらって、北海道に移住する人を増やすことです。

こういうと誤解を受けるかもしれないですが、「北海道はいいところだから移住して!」ということではありません。

人それぞれ考え方や望みは違うので、「みんな何で北海道の良さがわからないんだ!」というようなことを言うつもりは全くありません。

ただ、北海道がどういう土地かを知らなくて人生の選択肢に「北海道移住」がなかったという人を減らしたかったので、私が経験したことくらいは、こうやってブログを書きながら情報発信していこうという気持ちです。

私も東京で生活していたときには、満員電車の中で押し潰されながら毎日1時間半かけて出勤していました。

そして帰りが遅い日には臭い匂いで息苦しい満員の最終電車に乗って1時間半かけて自宅に帰るという生活を送っていました。

それは当たり前だと思っていました。

生活していくためにはそうしなければいけないと思っていたのです。

でも、住む場所が違えば、例えば岩内町ではそんな生活は当たり前ではないですよね。

「知らない」こと、「できない」と思い込んでしまっていることって恐ろしいです。

なぜ岩内町を選んだか?

北海道に住んで北海道の情報を発信するにしても、岩内町に移住する必要はなかったでしょ?

確かにそうです。

でも私は岩内町に来ました(笑)

理由は意外と単純なのですが、「楽しそうだったから」です。

移住する前に岩内町で出会った人たち、知った情報から「楽しそう」と感じたからです。

単純なようですが、逆に「町の人たちが冷たい」、「つまらなそう」と感じる町にわざわざ住みたいと思う人はいないと思います。

だから割と普通だとも思っています(笑)

移住者がその町を選んだ理由に「体験住宅で隣に住んでいた人が挨拶をしてくれたから」というものもあるそうです。

人との出会いはとても重要で、実は町の魅力にもつながっているということもわかりますね。

岩内町に魅力はないのか?

移住したばかりの頃に、町の人たちに岩内町の魅力を尋ねたら「なにもない」と答える人が多かったということを書いたことがあります。

ここまで書いたことを読んでそれについてどのように感じますか?

私が思ったことの1つは、

「なにもない」と言っているのは謙遜して言っているということもあるとは思います。

ですが、町民が町の魅力を「なにもない」と言っていたら、そんな町に来たいと思う移住者はいないということ。

そしてそれを聞いて育った子供たちは自分の町をどう感じるかということ。

もう1つ思ったことは、

岩内町は魅力的な人たちが多いですよ!ということ、そしてそれだって町の魅力ですよということです。

あるサイトでIWANAI UNITEDの目黒さんの記事を読んだのですが、そこに書かれていた言葉、

最初に受け入れてもらうまで少し時間がかかることもありますが、一度中に入ったら徹底的に面倒を見てくれる。

これは私も4か月住んで全く同じように感じています。

さらに、ここでは書きませんが魅力はほかにもあると思っています。

まとめ

岩内町になぜ移住したの?

岩内町に魅力を感じたからです(^^)

そして「魅力はなにもない」というのはやめましょう。

私は自分が生まれ育った町に誇りを持っています。

そしてそれを説明できます。

岩内町の子供たちにも自分の町が誇りを持てる町だと思って欲しいです。

関連記事