今年移住した北海道の岩内町、積丹とニセコどちらとも言える位置にある町です。

岩内町に移住してから知った、岩内町の魅力と感じた観光スポット・名所やイベント等をまとめてみました。

書いていたらこんなにたくさんに!思った以上に時間がかかってしまいました^^;たぶん今後も追記される可能性あり笑

東京都内の一角に住んでいた私の感覚からすると、自転車で移動できるような距離にこれだけの環境があったら、ワンダーランドのようですね(^^)

江戸時代開基の町の歴史や大火の歴史資料をまとめた岩内町郷土館

岩内町は江戸時代からの歴史をもつ町だということ、大火で市街地の8割を消失してから力強く復興した歴史をもつことを、資料をもとに学ぶことができます。(冬期は休館)

関連記事

東京以北最大の木造大仏は有名だけど、そこだけが魅力じゃないと感じる場所「帰厚院」

月に1回行われているカレーの日は、幅広い世代の人々が集まります。

今年はライブの演奏イベントも行われました。御住職の人柄も含めてお寺が身近に感じられるきっかけになりました。

東京以北最大といわれる木造大仏の前では心が洗われるように感じるなど、人それぞれ様々な思いを持つことでしょう。

関連記事

岩内町の魅力を詰め込んだ場所、道の駅いわない・ガイドセンターたら丸館

トイレがない、駐車場が離れている、狭いという意見もありますが、小さいながらも、岩内町にはこんな場所があるんだという観光スポットを発見できる工夫がありますよ。

日本一の岩内町

日本最古のリードオルガン

1905年(明治38年)西川オルガン制作の自由に演奏できる日本最古のリードオルガンが岩内町郷土館(冬期は休館)に現存しています。

岩内町が文化的で裕福な町という歴史があることがわかりますね。

日本最古の鉄製レール

1869年(明治2年)に茅沼炭鉱で牛に引かれたトロッコに使用されていた日本最古の鉄製レールです。

岩内町郷土館に展示されています。

日本最初の鉄道路線は新橋‐横浜間では?と疑問に感じる人もいると思いますが、新橋‐横浜間の正式開業は1872年(明治5年)です。

日本のアスパラガス発祥の地

1922年(大正11年)に岩内郊外でアスパラガスの栽培に成功したそうです。

岩内町は日本のアスパラガス発祥の地です。

野生ホップ発見の地

1871年(明治4年)岩内町で野生ホップが発見されました。

これがサッポロビールにつながり、野生ホップ発見の地として歴史に名を刻みました。

このほかにも、岩内町は日本初の自費による築港事業開始や北海道初の水力発電所開始など、面白い歴史をもつ特別な町です。

どの資料も岩内町郷土館で確認できます。(岩内町郷土館は毎年11月下旬頃~3月末頃まで冬期休館です)

絵の町岩内町の美術振興を行っている木田金次郎美術館

美術館という場所は、とても敷居が高いイメージがありますが、いい意味で入りやすい美術館だと思います。

美術館講座、ナイトオープン、どんざ忌など様々なイベントの企画、美術振興への取組みは「絵の町岩内町」の芸術を支えていく存在でしょう。

関連記事

ピカソ美術館として有名!空間全体が魅力だと感じる荒井記念美術館

ピカソの版画作品267点を所蔵するピカソ美術館として有名ですが、個人的には館内のつくりや周辺の景色全てで「美術」を表しているという印象が強い場所です。

この空間自体が美術だなーと感じています。

関連記事

北海道の「お祭りらしいお祭り」岩内神社例大祭

2日間かけて2基の御神輿と町無形文化財「赤坂奴」の行列が町内を練り歩くお祭り。

岩内神社例大祭は、最近珍しいお祭りらしいお祭りという意見を聞きますが、私自身御神輿を担いで、そのお祭りの雰囲気を感じることができました。

関連記事

30分間に5,000発の花火を打ち上げる!いわない怒涛まつり

例年8月第1週か第2週の土曜日と日曜日に行われます。町内外の方々が参加して様々なイベントが行われるお祭りです。

夜には、こんなに近くで、こんなにたくさんの花火を、こんなに短時間で鑑賞することができるということにも驚くお祭り。

関連記事

その眺めは北海道外からのリピーターも高評価!オートキャンプ場マリンビュー

夏にマリンビューに来ていた人たちからお話を聞く機会がありました。

皆さんこのキャンプ場の景色の良さを気に入っているそうです。

その人たちの中には北海道外から訪れているリピーターの方もいましたよ!

関連記事

岩内町円山エリアの温泉施設

岩内町の円山地域には、温泉宿泊施設が並びます。泉質、料理、景色、そこで働く方々など、特色のある施設は岩内の魅力となっています。

サンサンの湯、ホテルグリーンパークいわない、いわない高原ホテル、高島旅館(日帰りの温泉利用はなし)、岩内温泉おかえりなさい、があります。

日本夜景遺産に認定された夜景・北海道岩内町の円山展望台

円山展望台からの岩内町の眺め

岩内町を一望できる円山展望台からの夜景は日本夜景遺産に認定されています。

関連記事

ダチョウ牧場が岩内に!マルヤマヒーリングファーム

ダチョウのほかにも、ウサギ、にわとり、ヤギ、カモなど 無料で動物たちと触れ合えます。

関連記事

岩内町で岩内岳を眺めながら乗馬を楽しめる!いわないホースビレッジ

岩内町の円山エリアには乗馬を楽しめる場所もあります。

引き馬等乗馬体験が楽しめる「いわないホースビレッジ」。
30分コースの岩内岳を臨む乗馬体験も最高です!

関連記事

北海道の義経伝説にまつわる場所・弁慶の刀掛岩

義経伝説の残る場所。弁慶が休息の際に大刀を掛けたといわれています。
この雷電のエリアは奇岩が作り出す不思議な景色も魅力です。

周辺の温泉施設がすべて閉館しているのは寂しい点。

関連記事

写真に撮りたかった岩内の海

実は岩内に来たばかりの頃、積丹周辺地域なのにあまり海が綺麗ではないなと思っていました^^;

でも住んでいてわかったのですが、ある日突然とても綺麗な海を見ることがあります。

まだ写真を撮れていないですが、いつか写真に収めたい海の景色です。

毎日眺めても感動!岩内岳

山のない地域で育った私にとっては、毎朝眺めても感動できる岩内岳。

といっても、岩内で生まれ育った人が山のない土地に住んだときにも、岩内岳が恋しくなるそうですよ!

岩内岳は偉大です。

岩内町の商店街で存在感を放つ明治創業のお店

村本テント

さんまる餅店

吉田蒲鉾店

3店とも岩内町で存在感を示す明治創業のお店。町外からのお客様も多数の人気店です。

ホスピタリティの高さは観光客からも愛されています。

明治、大正、昭和、平成、令和と時代に対応してきた人気店があるというのは、岩内町の大きな魅力だと思っています。

関連記事

地元産業を支える力・地場産業サポートセンター

北海道に3か所しかない海洋深層水取水施設が岩内町にあります。
3か所のうち、 原水、脱塩水、高ミネラル塩水の3種類を購入できるのは北海道では岩内町のみ。

一般の人でも購入可能ですよ。

岩内で品質の高い水産加工品が製造できるのはこの施設があることが大きい。地場産業サポートセンターがあったからできあがった岩内の名産品もあるそうです!

こんな施設は北海道内になかなかありません。

実は日本全国でみても珍しい。岩内町の貴重な財産です。

関連記事

ゆるキャラ全国準優勝ですよ!たら丸

スケトウダラ延縄漁発祥の地、岩内町のご当地キャラ。手にはアスパラガスを持つ(岩内町は日本のアパラガス発祥の地でもある)。
テレビ番組で全国のゆるキャラの中から準優勝に選ばれたことも!

言わずと知れた岩内町のご当地キャラ、たら丸です。双子の妹はべに子。年の離れた弟のピン助くんもいます。

もちろん、たら丸は岩内町外の人たちもグッズをもってる人気ゆるキャラです。

私の知っているところでは、「道の駅いわない」と「いわない楽座」で、たら丸グッズを購入可能です。

私はたら丸焼きも好きですけどね(^^ゞ

まとめ

岩内町に移住して半年。

思いつくままに岩内町の魅力を書いてみました(^^)